ブログトップ

だってトリだもの

beaks.exblog.jp

カテゴリ:とり( 12 )

上空の大気がアレだったので、

昨日は、天候が思いっきり不安定だったせいか、
カスミくんが、朝、発作を起こしかけました。
なんとか持ち直したけど、前、発作を起こした時も、
低気圧だったり梅雨入りだったり、不安定な時期でした。

とりあえず、治まってよかったね〜、カッちゃん。
f0224639_15465233.jpg


鳥の体調も天候に作用されるんだな〜。
雨降る前は膝痛い、、、とか、そんな感じか。
そういうのって天候と、いや自然、
いや宇宙と生き物が繋がってる証拠ですね。

膝痛から宇宙へ。

ちょっと話のスケール大きくしてみました。

BGMは、デヴィッド・ボウイのアレ、
スペースオデッセイで。



以下、個展のお知らせ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9月6日(火)〜17日(土)
 カミヤマリコ展「Happy Birdsday to you!」

マトリョーシカとイラストの
作品展をします。

梅舎茶館(めいしゃちゃかん)
中国茶の喫茶店
営業時間13:00〜18:00 定休日 日・月
東京都豊島区南池袋2ー18−9−203
Tel&Fax03−3971−2256
http://meishachakan.com

喫茶店ですが、見るだけでもオッケーですし、

お茶(お茶請け付き2,000円〜)は何杯も
お代わりして飲めます。

お時間がある方は、ぜひ、本格的な
中国茶もどうぞ〜。
[PR]
by toritorico | 2016-08-19 15:49 | とり | Comments(0)

旅立ちの前の、トリの世話問題。

移動梅舎茶館in台灣も、
5月⒌日をもって終了しました。

そんなわけで、搬出のため、
また台灣入りするわけですが、
今回は、だんなちゃんも一緒なので、
チーム・トリクサイの世話を
どうするかという課題があるわけで〜。

今までも、鳥友達に預けたり、
ペットシッターさんにお願いしたんですが、
ありがたいことに、今回は、
同じ区内に住む鳥友さんに
トロちゃんとメイさんを
お願いできることになり、

私たちが出発した日の夕方に
カゴごと鳥友さん宅に連れて行ってくれて、
帰って来る日に戻してくれる、

という至れり尽くせりなシッターを
買って出てくれました。
ありがとう〜。


すぐ眠くなるお爺とお婆は、鳥友さん宅へ。
f0224639_23191842.jpg



問題はカスミくん。
というのも、
彼は、ボルナウィルスなるものに感染してて、
二年ほど前から、症状があるのですが、
胃腸と神経系にくるウィルスらしく、
てんかんのような発作を起こして、
ご飯が食べられなくなって、
もうダメかも〜・・・
という状況に陥り、
なんとか持ち直した!
よかったよ〜〜〜(涙)

というのを二度ほど経験しております。
(ウィルスに感染していることは、
二度目の発作が起こった去年、わかりました。)
今も一日3回の投薬が必要、、、。

なので、

病院に預けることにしました。

ペットホテルだけど、
投薬がある病鳥なので、
入院扱いで、一泊の料金、
台灣での、私の宿泊代より高いんだぜ〜(涙

でも、カッちゃんが、
生きていてくれるのがうれしいから
いいんだよ。
またトリ貯金します。


病鳥ですけど何か?  カスミくん。
f0224639_2320634.jpg




老鳥と病鳥、置いて行くのは忍びないけど、
トリあえず、信頼できる所に預けることができ、
私は、無事、飛び立ったのでした〜。

そして、怒涛の台灣4泊5日の旅が
始まるのですが・・・。

がんばって記録しておきたいです。


荒ぶるカスミくん。
f0224639_23294691.jpg

[PR]
by toritorico | 2016-05-21 10:07 | とり | Comments(0)

トロちゃん健康診断に行く

今日は、トロちゃんの健康診断に
行ってまいりました。
f0224639_14542325.jpg

肥満で、そのう下垂で、
脚が開いちゃってますが、
病気らしい病気もせず、
もうすぐ11歳、
高齢なりに、健康優良児、
ならぬ、健康優良ジジインコです。

体重40グラム、
先生からは、多少脂肪はついてますが、
まぁこの子はこのくらいでいいんじゃないですか、
と言っていただいたので、
とりあえず、油断して太らせないようにしたいです。

で、受付のところにあった
小鳥のダイエットシードなるものを
買ってきました。
種が小さいので食べるのに
時間がかかるんだそうで、
早食いのトロちゃんに、
ちょうどいいじゃん!と。
f0224639_1454179.jpg

おじいちゃん、すぐむせちゃうから
気をつけて食べてね。
f0224639_152391.jpg


Instagram→⭐︎
Facebook→⭐︎
[PR]
by toritorico | 2016-05-17 15:13 | とり | Comments(0)

愛鳥ばななさん逝く

11月8日、愛鳥ばななさんは旅立ちました。

ペットロス、真っ只中。
3週間経っても、思い出すたびに
めそめそしています。

やっぱ。時間がね〜
必要なんでしょうね〜

今日も、もうこれ以上はダメです。
しばらくは、ばななさんの話は
なしの方向で。

f0224639_2223267.jpg

[PR]
by toritorico | 2013-11-29 22:26 | とり

トリの記録

ブログの存在をすっかり忘れてた。
f0224639_1732247.jpg

チーム・トリクサイの記録。

f0224639_16545158.jpg

ばななさんの足の麻痺は進み、最近は
あまりカゴから出ないし、出てもじっとしてます。
羽もふくらんだまま。
精巣腫瘍がみつかってから、4年。
来年の6月で11歳だもんね〜。
そろそろ、このコの寿命も
終わりが近づいているのかなぁ〜と
私も、日々、覚悟をしつつ、
まだまだいっしょにいたいなぁ〜と。

f0224639_17241128.jpg

メイさんは、卵つまりもなく、元気。
でも、ばーさんなので、前より疲れやすくなったかな。

f0224639_1730591.jpg
メイさんのストーカー、
トロちゃんは、相変わらずメタボで、
トリのくせに飛ぶのが苦手で
飛んでは、ぽて!っと床に不時着してます。
それでも、今年で、8歳越えたんで、
健康インコなんだと思います。

f0224639_1736599.jpg

そんな高齢インコに囲まれたカスミ君ですが、
すっかり慣れて、やんちゃになってきました。
アキクサインコの性格なのか、
控えめですが、それでも、いちばんの散らかし魔。
じじばば達がカゴに戻っても、ひとりで
いつまでもさえずり、飛んでます。
遊び相手がいなくてすまんね〜。



あー、そうだ、東京に戻ります。
やっと熊本生活にも慣れてきたんだけど。
f0224639_17344766.jpg

[PR]
by toritorico | 2013-11-01 17:44 | とり | Comments(0)

放鳥なう

放鳥時、他3羽は、老鳥なので、
わりと早くカゴでまったりし始めるんだけど、
アキクサインコのカッちゃんは、
まだ若者なので、ひとりで、
いつまでも床で遊んでます。


今日のボクの仕事は、
床中にオーツ麦を広げることです。
f0224639_16371259.jpg

ブロッコリーも食べました。
f0224639_16373422.jpg



今日も暑い。ほんと暑い。
仕事&鳥部屋は西日が射すので、
移動したいんだけど。。。
カッちゃん、そろそろカゴに
入ってくれないかな。

らんらんらん♪
f0224639_16403251.jpg

[PR]
by toritorico | 2012-07-26 16:41 | とり | Comments(2)

猛鳥復活

メイさんのその後です。

翌々日(20日の夜)ダンナちゃんと車で
再度病院へ。
しかし、ウンチだけたくさん出て、卵は出ず。

なんとか自力で産めないかと、
家では、特別に夜更かしさせて
活動時間を長くさせていましたが、
時々、力んではいるものの、
出てくる様子はなし。
とにかく、人にべったりで、
とくにダンナちゃんの耳たぶの裏が
お気に入りで、いちど挟まったら動かない。

こんなかんじ。
f0224639_1946579.jpg

「福耳、落ち着くわ〜」
f0224639_1944348.jpg




翌日は、病院が休みなので、保温と運動で、
様子を見る。
力むと、かなりお腹が膨らんではいるものの、
やはり詰まったままなので、
翌々日(22日)また病院へ。

それで、もう出てこんとまずいだろ、と
最終的に、お腹の中で、割って
取り出してもらいました。

メイさんは、お尻の穴が真っ赤で、
フジツボみたいに盛り上がってて、
そこから先生がピンセットで、殻を取り出していく
という、けっこう大変な作業でした。
やっぱり高齢ということもあり、押し出す筋力がないようで、
自力で産卵はムリみたいっす。

でも、無事、取り出せてよかった。


で、かかった費用は、


一度目、¥3.675
☆初診料¥1.050
☆超音波検査¥2.625

二度目、¥525
☆再診料¥525

三度目、¥5.775
☆再診料¥525
☆卵塞処置¥5.250

こんなところです。


さらに、その後のメイさんですが、
翌日はちょっとお疲れ気味だったものの、
すっきりした体型と、元気を取り戻し、
また、元の猛鳥へと戻っていきました。

今日も、ばななさんとおやつの取り合いでケンカし、
水浴びしてるカスミくんを追い出してトリ風呂を乗っ取り、
腹が減れば、トロから吐き戻しをもらい、
自分から机の上に飛んできておきながら、
何が気に入らないのか、マウスを使う私の指に
本気噛み・・・。
まぁ、元気でいてくれれば、
多少噛まれてもいいかな〜と。

しかし、あんなにべったりだったダンナちゃんのことは、
気持ちがいいくらい完全シカトで、
トリって、ほんと今を生きてるんだなぁと
関心しました。
[PR]
by toritorico | 2012-02-25 20:12 | とり | Comments(2)

卵詰まり

昨日、メイさんが、具合悪そうに
羽を膨らましているので、
つかまえて体をチェックしたら、
お尻のあたりが赤く腫れてる。
ウンチも出にくそう。

これは、メスのインコによくある「卵詰まり」?

確認するため、肛門の回りを軽く触ったら、
固くはなっていなく、あとでどろっとしたウンチが
どっと出たのですが、
メイさんが迷いインコとして、うちに保護されて
6年くらいですが、こういうことは初めてのことなので、
そのあと、さらにネットでいろいろ検索したら、
素人が触ると体内で卵を壊してしまうかもしれないので
ダメだそうです。反省〜。
でも、糞が出るということは、
すぐに尿毒症になる恐れもないかな、と。
素人判断ですが。

しかし、もしも、腫瘍だったら、、、
もう、いろいろ頭の中ぐるぐるして、
一気に不安になったんですが、
トリ友のみみすけさんに電話して、
アドバイスもらったり、一日二日で腫瘍が腫れることはない、
と言ってもらえて、少し安心しました。
ありがたいです、トリ友。


もう夕方だったので、とにかく温かくしてあげて、
一晩待ち、今日は、トリもちゃんと診察してくれる
市内の動物病院へ行ってきたとです。

その市内の病院は、ウチからだと、
バスを遠回りで乗り継いだり、市電を途中使ったり、と
どうやってもめんどくさい行き方しかないので、
まず電車で一番近い駅に行き、
そこからタクシーに乗ることにしました。
あーーー不便だ。地方の車社会。
雪降ってるし〜。

家から歩いて数分のところにも、犬猫の他、小鳥も診れると
看板にかかげているクリニックはあるんだけど、
トリに関しては、獣医さんの「診れる」能力の格差が
すごいですから、その辺もちゃんとネットで調べてね。

で、メイさんは、触診とエコーで診てもらった結果、
やはり卵詰まりで、先生いわく、まだ取り出せるほど
降りてきていないそうなので、
(だから、お腹が固くなかったんですね)
すこし待ちましょう、とのことで、
また2、3日したら行くことになりました。
そして、こういうときは、卵を産みやすくするよう、
活発に飛ばせた方がいいとも言われました。
とりあえず、緊急な状態ではないようで、
ひと安心です。

でね、インコって、ばななさんもそうだったんだけど、
具合が悪いと、ずごく甘えてくるんですね。
うちのコたちは、基本、触ったら噛むで!オラオラ!
という体勢で、特にメイさんは一番の猛鳥なんですが、
今日は、首の辺を指でカキカキとか、頬ずりとか
元気なときは、ぜったいやらせてもらえないことが
できています。

今も、肩の上で耳にぴったり寄り添ってます。
あぁかわいい。

でも、健康のためには、猛鳥でいてほしいかな。



☆メイさんの、卵詰まりの症状まとめ
羽を膨らましている
お尻のまわりが赤く腫れ上がっている
時々、そわそわしたり、
キュ〜と鳴いてイキんでいる様子
糞が出にくそう
飛んだり、食べたりできるが、
元気がなく、普段より性格が大人しい
そういえば、最近、けっこう発情してた(回想)

☆対処
できるだけ早く、トリも診察出来る病院へ連れて行く
(症状が深刻になる前に、これは絶対)

あとは、保温くらいでしょうか

もし、だれかが、インコの卵詰まりで
検索したときのために、トリあえず。


わたし詰まってます〜♪
f0224639_15592938.jpg

[PR]
by toritorico | 2012-02-18 16:01 | とり | Comments(2)

約200分の13

エレカシ@熊本ライブ、盛り上がりました。
久々に小さいハコで、これぞライブって
感じを満喫したばい。
熊本版「珍奇男」かっこよかった。


うってかわって、昨日の日曜日は、
海の方へバードウォッチング。
降ったり止んだりの雨で寒かったけど、
アウトドアの休日です。

干潟は、残念ながら満ちており、
シギ、チドリは見れませんでした。

しかし、そのかわりといっちゃなんですが、
住吉の海岸で、絶滅危惧種の「クロツラヘラサギ」の
小さい群れが休んでいるのを発見!
干潟に4羽と、タバコ島という小さな島に
9羽くらい、全部で13羽。
この鳥は、全世界に約2000羽しかいなくて、
日本で越冬するのは約200羽だそうです。

以前、葛西臨海公園で数羽見たことあったけど、
その時は遠かったので、今回、かなり間近で観察出来て、
来てよかった〜と、しみじみ思いました。
なんか、頭の羽がモフモフしてて、
かわいかったです。
なんとか、絶滅を食い止めたいですね。

私は、野鳥を観察するようになってから、
鳥を通して、自然についてたくさん
教えてもらった気がします。

だから、原発のことも含め、
未来のために私たち人間はどうすべきか、
などなど、今日も、思いはめぐるのでした。


とりあえず、今は、毎日、ありがたく
普通に暮らしていこうと思います。




人口の砂浜っぽい
ひっそりとした海水浴場。
トリも人もいませんでした。
f0224639_16413044.jpg

晴れてたら気持ち良さそう。
今度、お弁当持って来よう。
[PR]
by toritorico | 2011-04-25 17:20 | とり | Comments(2)

ん?

知らんトリがおる。
f0224639_16274385.jpg

[PR]
by toritorico | 2011-04-05 16:41 | とり | Comments(0)