ブログトップ

だってトリだもの

beaks.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かすがい

うちのように子供のいない夫婦の場合、
子は鎹、とはいかないのですが、
冷戦も終わったので、お互い歩み寄るためか、
ダンナの提案で、江津湖に野鳥観察に行ってきました。

アルビノのツバメ、ヒナを背中に乗せたカイツブリの親子、
ミサゴ、カワセミ、コアジサシ、エゾビタキ(たぶん)
エナガ、他、大・中・小・青の格サギ類、
たくさん野鳥を見て、
さらに近くにある動植物園へ。

時間も二時近かったので、
鳥類と草食系中心に半分くらい見て回って
帰りました。



結婚生活というのは、たぶん
こんなことの繰り返しなんでしょうね〜。
ねぇ〜。
結婚してる皆さん。


ちなみに、私は怒りは溜め込む性格ですが、
長くは続かず、すぐ相手を許してしまいます。
もしくは、許したり、謝ったりしておきながら、
しばらく、ひそかに根に持ってたりします。

たぶん、自分がダメ人間ゆえ、
なるべく他人に寛大に扱ってもらいたい、
という願望の表れではないかと。





動植物園の、ちょっとシュールな水飲み&手洗い場
f0224639_20523557.jpg
f0224639_2052574.jpg
f0224639_20514183.jpg

[PR]
by toritorico | 2010-09-30 21:03 | Comments(4)

チェ!

「チェ 28歳の革命」
「チェ 39歳 別れの手紙」

2夜連続で観る。
CSのソダーバーグ監督特集。
この映画も「オーシャンズ」のシリーズも「21g」も
「セックスと嘘とビデオテープ」の監督だったことを
あらためて知って、へ〜〜〜〜と思う。

ゲバラは完璧なまでに理想主義だったんだなぁ。
しかし、世の中は、誰かの利益不利益と
情報操作で動いている。
ゲリラ戦などせず、丸腰で理想を追うこと、
それこそ叶わぬ理想なのかしら。

しかし、減量したベニチオ・デル・トロ様かっこいい。
テリーギリアム監督の「ラスベガスをやっつけろ」で見せた
ぶよぶよのサモア人の弁護士役の姿とは別人です。
つーか、あの映画はジョニー・デップもトビー・マグワイアも
笑えるくらい別人だったけど。
[PR]
by toritorico | 2010-09-25 11:44 | 日常 | Comments(0)

手描きの手紙

6月、東京を離れる前に、
久々に会って、送別会を開いてくれた
昔の会社の先輩、同僚の皆さんに
コピックでお礼の手紙を、描いてみました。



カエルです。
f0224639_149767.jpg

下描きなしなんで、一枚一枚、
表情がビミョウに違って並べると楽しい。
でも、皆さんには一枚ずつなんで、
その楽しさは届きませんね〜。


そして、、、
だんなが、オレも描く!と言って
描いたカエル。
f0224639_1495295.jpg

ぼくカエルだよ、って描いてあるけど・・・。
[PR]
by toritorico | 2010-09-19 14:11 | イラスト | Comments(2)

おでん

義理の両親宅の冷凍庫に眠る牛筋をみて、
だんなが、おでん食べたいとかいって
作ってくれました。

が、

こちらは「ちくわぶ」がない。

ちくわぶラブな私は、
心の底から落胆したです。

アンチちくわぶなダンナの
勝ち誇ったような顔が憎かったです。
[PR]
by toritorico | 2010-09-19 11:07 | Comments(0)

夫婦の大事な話

だんなと、夕方、徒歩で義父母宅へ行く時、
遠回りして、たんぼの方を通ります。
そちらは、もう熊本市ではない、となりの街なんですが、
いきなり田畑がドーンと広がるのです。
モズがいっぱいいるので、勝手に
「ズーモー通り」と呼んでます。

夏の帰り道はこんなかんじ。
f0224639_15563374.jpg



ほんの数分だけど、道ですれ違う散歩中のイヌや、
草花の観察が楽しい時間です。

で、最近は、毎日、たんぼのカエルを
観察するのが楽しみだったりします。

カエルは、茶色で、背中に白い線が一本。
ダンナちゃんが、山渓ハンディ図鑑「日本のカエル」で
しらべたら、「トノサマカエル」ではないかと。

でも、線がないのもいるねぇ、なんでだろう。
と話していたんですが、

今日、私がソファで、利休まんじゅうを食べていたら、
その顔を見て、ハッと思い出したように、
ダンナがいうのです。

「実は、大事な話があります。

あれ、トノサマじゃなかった・・・」

なんと!

ずっと殿様!殿様!と呼んでたカエルは
「ヌマカエル」だったと。
本では、背中の線がないんだけど、
入ってるのもいるらしく、画像検索して
わかったそうです。

殿と沼、、、いくら人間がつけた名前とはいえ、
雲泥の差ですね。

今日から、ヌマちゃん!って呼びかけてみよう。
f0224639_15581738.jpg





さて、術後の目ですが、昨日の夜、鏡見たら、
手術した右目でなく、左目の下に
真っ黒なクマが出来ててびっくりしたとです。
弱視なのに、右目のカバーでがんばってしまったのかな〜。
[PR]
by toritorico | 2010-09-17 16:09 | 日常 | Comments(2)

オクラの花、読書

f0224639_207142.jpg

ご近所さんから、もらったオクラの花。
花びらを食べるそうです。
生のまま、酢醤油や酢の物で。
うすーいうすーいオクラの
ネバリと味がしました。



ここのところ、目のために、
PC使用時間を短くしてたのに、
結局、読書してしまった。

「悪人」上下巻

面白かったです。
でもネタバレせずに、感想を語るのは
むずかしい、っつーかめんどくさい。
ミステリーじゃないんだけど。

原作読むと、映画の方は、
妻夫木君はイメージじゃないなぁと
最初は思ってたけど、後半を読み進んでいったら、
けっこう有りかも、と思えてきた。
映画も観たいなぁ。


今日は、これから、ちまちまと進めた
仕事の4コマを仕上げたら、
明日は、朝だけどROCK NIGHT SHOW!の
オペです。

エブリバディ、
どーんとレーザー浴びてくるぜ〜!
オーイエー。

エレカシファンらしくいってみました。
[PR]
by toritorico | 2010-09-15 20:12 | 日常 | Comments(0)

手術してきた

朝晩は、ちょっと涼しいかな。
でも、日中の日射しは、まだまだ強いです。

働きもののみつばちさん
f0224639_1223293.jpg






今日は左目に、レーザーで穴空けたとです。
緑内障の予防的手術ということで。

まず、5分置きくらいに数回目薬さして、
最後に麻酔の目薬もさして、
あとはレーザーをビャッビャッと
何回も当てられました。
レーザーは15分くらいです。
術後も眼帯とか、とくにせずに
そのまま帰ってこれます。
片目のオペ代、23,500円。


来週は右目だよ。オーイエー。
ROCK NIGHT SHOW!




さっき、北海道の友人から、とうもろこしが届きました。
そのまま生でも食べれる種類もありました。

トリさんも大好き。
おいしいね〜。
f0224639_1205942.jpg
f0224639_1201412.jpg

[PR]
by toritorico | 2010-09-09 12:03 | 日常とトリ | Comments(3)

虚弱エリート道

私は、子供の頃から虚弱で、
大人になってからも、
あれこれ身体に不都合を感じつつ、
中年になるまで生きてきました。

いつも思うのは、野生だったらすぐ死ぬな、と。
例えば、トリなら、最後にふ化して、
他の兄弟に押されながら、後ろの方で鳴いてる
やせ細ったヒナが私。
NHKの「ダーウィンが来た!」だったら、
感動の旅立ちのシーンには出てきませんね。

それでも、人間に生まれ、大病もせず、
のうのうと生きのびている、ということは、
逆に、虚弱のエリートなのではないかと
思ったり、ある意味、幸せものです。

で、次にきたのは、

緑内障

正しく言うと、閉塞隅角緑内障
(へいそくぐうかくりょくないしょう)

最近、朝、目を覚ますと、視界が緑がかっていて、
あれ?壁紙って緑だったっけ〜おかしいな〜?
そういうことが、しばらく続くんで、
さすがに、病院に行きました。

そしたら、緑内障の兆候かも、という
エリートにふさわしい診断をいただいたわけです。

自分も、子供の頃から、遠視と乱視で
左目は弱視だったのですが、
遠視の人はなりやすいそうです。

今は、視界は正常ではあるものの、
このまま放っておけば、いつか発作を起こして
失明する可能性もあるとか。

こぉえぇぇぇ〜。

それ聞いて、もう、目に穴開ける手術でも
なんでもします。早く早く!先生お願い!

っつーことで、

明後日、左目の手術となりました。

緑内障だと、深刻なかんじなんで、

ロックナイショ〜!
(ROCK NIGHT SHOW!)

だと思って挑みます。
オーイエー!

午前中だけどね。
[PR]
by toritorico | 2010-09-06 22:04 | Comments(0)

トリオさん

防災の日ということで。
f0224639_19453668.jpg



そろそろ新ネタを、描きたいところですが。
[PR]
by toritorico | 2010-09-01 19:49 | イラスト | Comments(0)